モスキート音で耳年齢をテスト

更新日:

モスキート音で耳年齢をテストしてみましょう!

自身の耳年齢がいくつくらいなのかをチェックするには、「モスキート音」でテストしてみることがおすすめ!耳が老化すると高い音から聞こえなくなり、聞こえる範囲が高齢者と10代の若者とでは2倍以上もあるんだって。

モスキート音

耳年齢とモスキート音とは?

人間には「耳年齢」というものがあります。人間の耳は年齢とともに聞こえる音が少なくなっていきますが、そのスピードは非常にゆるやかです。

日常生活で耳がよく聞こえなくなるのは明らかに耳の老化が進行している証拠ですが、そうではなくても知らず知らずに耳は老化しているのです。

自身の耳年齢がいくつくらいなのかをチェックするには、「モスキート音」でテストしてみることがおすすめです。

参考サイト:モスキート音が聞こえる年齢

このモスキート音というのは17000ヘルツの高周波音のことです。その音が蚊が飛んでいるときに聞こえる音に似ていることからこのような名前で呼ばれるようになりました。

人間の耳は20ヘルツから20000ヘルツまで聞くことができます。耳が老化すると高い音から聞こえなくなりますので、高周波音のモスキート音で確かめると、より正確な耳年齢がわかります。

高音であればあるほど聞こえにくくなる

人間の耳は高い音であればあるほど年齢を重ねるたびに聞こえなくなります。たとえば、13歳から17歳までであれば19000から20000ヘルツまで聞こえるといわれています。

一方、60歳から69歳までであれば8000から9000ヘルツにまで落ち込むといわれています。およそ聞こえる範囲が高齢者と10代の若者とでは2倍以上もあるということです。

モスキート音は17000ヘルツなので、20代前半であればしっかりと聞こえますが、20代後半からは聞こえにくく、30代になると聞こえなくなります。

ちなみに、日常会話で日本語を話すときの高音はせいぜい1000ヘルツ程度です。人よりも高音を出す鈴虫で4000ヘルツ程度です。参考サイト:モスキート音を無料でチェックする方法

このように見てみるとモスキート音がいかに高音かがわかります。自身の耳年齢をチェックするためにも、ぜひ一度テストを受けてみましょう。ネットの動画やアプリで簡単にテストできます。

-モスキート音

Copyright© 毎日テレビばかり見ているよ , 2019 All Rights Reserved.