モスキート音は壁越しに聞こえるか

更新日:

若い人にしか聞こえないモスキート音は壁越しだと効果がない?

モスキート音とは蚊の出す「ぷーん」という音に似た、聞こえる人にはとても耳障りな音のこと。年を重ねていくと高音域が聞こえなくなり、その音が気にならなくなるんだって。特徴として、通常の低音と比べるとエネルギーが少ないため固いものを通過できないという点があります。

モスキート音

そもそもモスキート音って何?

モスキート音とは蚊の出す「ぷーん」という音に似た、聞こえる人にはとても耳障りな音のことです。1万数千ヘルツ以上の音域で、音域が高くなればなるほど若い人にしか聞こえないという特徴があります。

例えば、20000Hz程度は13歳から17歳位の年齢層で聞こえ、18000Hz程度だと18歳から24歳くらいの年齢層で聞こえる、という風です。

年を重ねていくと高音域が聞こえなくなり、その音が気にならなくなります。

これを利用して、深夜に若者が店の前にたむろするのを防ぐ目的で店の前でモスキート音を流すコンビニやレストランが出てきました。

猫やネズミにも効果があると言われています。参考サイト:モスキート音で耳年齢をテスト

今ではインターネット経由で手軽に入手できるようになっているので、住居の騒音問題対策<にも使われたりしているようです。スマホのアプリもあるようで、耳年齢を試すことができます。

モスキート音は壁に弱い?

モスキート音は壁越しだと効果がないと言われています。それは本当でしょうか?

モスキート音の特徴として、通常の低音と比べるとエネルギーが少ないため固いものを通過できないという点があります。

また、空気中ではまっすぐに飛ぶという性質があり、それはすなわち物体の表面では簡単に反射してしまうということでもあります。

壁などがあると音はそこにあたって通過しないのです。参考サイト:ヒトと周波数とモスキート音

モスキート音は直線で飛ぶので、効果的に使いたいときは、音の真ん前に立つようにしないと音が聞こえにくいのです。

つまり、壁越しではモスキート音の効果が出ないということです。

ただ、このような特徴は光にも似ていて、障子越しの光はやんわりと部屋に入ってくるように、全ての壁が音を遮断するとも言えません。話し声が聞こえるレベルの防音性の壁ならばモスキート音も壁越しで聞こえる可能性があります。

-モスキート音

Copyright© 毎日テレビばかり見ているよ , 2019 All Rights Reserved.