モスキート音発生装置の目的

更新日:

モスキート音発生装置とは社会にどのように働くか?

特定の対象物だけを撃退することができるため、特に治安改善のため様々なシーンで活用、超音波や高周波音が含まれており、人体にとって無害という保証はありません。モスキート音発生装置を取り付ける目的、音発生装置による問題点について説明します。

モスキート音

モスキート音発生装置を取り付ける目的は?

モスキート音発生装置とは、生物の種類や年齢によって音の聞こえ方が異なることを利用し特定の対象物にだけ不快な音を聞かせることができる装置です。

この装置によって特定の対象物だけを撃退することができるため、特に治安改善のため様々なシーンで活用されています。

参考サイト:モスキート音が聞こえる年齢
また撃退すべき対象に応じて周波数が違ってくるため、モスキート音発生装置から発生させるための周波数もそれぞれの撃退すべき対象に合わせなければなりません。

近年は店舗の駐車場などで利用されることが多く、モスキート音発生装置の周波数は18KHzほどです。この周波数は、屯している若者たちが最も不快になる音であると言われています。

最近ではマクドナルドがこのモスキート音発生装置を取り付けたことにより、多くのメディアから注目を浴びました。ただし人権に関わる問題も、多く取り沙汰されているようです。

モスキート音発生装置による問題点は?

素行の悪い若者が屯しやすい店舗や公園、また駐車場などでは、モスキート音発生装置が多く設置されるようになりました。

しかしモスキート音発生装置は対象物に対して不快な音を当てる装置であり、悪く言えば同じ人間に対して攻撃をしていると捉えられてしまいます。

そのため人権問題として、度々取り沙汰されるようになってきているようです。参考サイト:ヒトと周波数とモスキート音

特に不良が屯するのを防止するために設置したとしても、同じ年代の若者であれば健全な若者にまで不快な音は与えてしまいます。

また例えこの周波数がキャッチしやすい年代ではなかったとしても、耳の感度が良い人にはこのモスキート音を聞き分けてしまう可能性もあります。

それゆえそのような人達にまで攻撃を与えて良いものなのかどうかの判断が難しく、まだ日本社会はモスキート音発生装置の使用に抵抗があるようです。

またモスキート音には超音波や高周波音が含まれており、人体にとって無害という保証はありません。

例え若者にしか音が聞こえないからと言って健康に全く影響がないとは言い切れず、モスキート音の研究でも解明されていないのが現状です。

-モスキート音

Copyright© 毎日テレビばかり見ているよ , 2019 All Rights Reserved.