犬や猫に利用されるモスキート音

更新日:

モスキート音は犬や猫も聞こえるのか

人の音が聞こえる範囲は20Hzから20,000Hzです。犬は40Hzから65,000Hzで、猫は25Hzから75,000Hzと言われています。犬は犬笛に使用され、猫には近づいて欲しくないところにモスキート音を使うことが多いです。

モスキート音

犬や猫の聴覚範囲は人より広い

モスキート音と呼ばれる高音域の音は人であれば若い人が聞こえやすいと言われています。キーンとする音に聞こえるので不快に感じる人が多いです。

個人差がありますが歳をとると高音域が聞こえにくくなるので普段気にする人はあまりいません。犬や猫の場合はどうでしょうか。

人の音が聞こえる範囲は20Hzから20,000Hzです。犬は40Hzから65,000Hzで、猫は25Hzから75,000Hzと言われています。

これだけ耳のよい動物ですから、日常生活で人が聞こえない音もしっかり聞こえています。参考サイト:モスキート音は壁越しに聞こえるか
犬の場合は聞き耳を立てた後に吠えだしたりするのは人には聞こえていなくても犬には怪しい音に聞こえているからです。

猫の場合はとても大きい音に聞こえていて、車のクラクション並のようで嫌がる猫が多いです。犬や猫を飼っている方はモスキート音で鳴いてしまうことがありますので注意が必要です。

犬や猫にモスキート音が使われている

モスキート音は犬には皆さんもよくご存じの犬笛に使用されています。音が聞こえやすくなる季節は犬には縄張りに入ってくる犬の音に聞こえてしまい落ち着かなくなることがあるので注意して下さい。

家の中でも外の音が入りにくい中心にスペースを作って安心できるようにしましょう。参考サイト:モスキート音とは

猫には近づいて欲しくないところにモスキート音を使うことが多いです、決まった所でトイレをする習性があるため、庭などをトイレにされてしまった方が猫よけに使います。

効果はあるようですが、猫は1度嫌な思いをしても覚えてくれないので、場所を変えてくれるまで繰り返す必要があります。

犬や猫に使用する場合に1番気をつけないといけないことは、人にも聞こえる場合があることです。

猫よけにモスキート音を使用する場合は、もしかすると近所の人にも不快な音を出しているかもしれませんので、十分に注意しましょう。

-モスキート音

Copyright© 毎日テレビばかり見ているよ , 2019 All Rights Reserved.