ヒトと周波数とモスキート音

更新日:

ヒトと周波数とモスキート音との不思議な関係

ヒトは生まれたばかりの状態では20Hzから20kHzが可聴域、20代後半には15kHz以上の音が聞こえづらくなりはじめるんだって。モスキート音は商店街で猫除けとして高周波音を流したり、夜間のコンビニの店先に若者が集まらないようにするために利用されています。

モスキート音

人の聴覚と周波数の関係とは?

私たちが生活をするとき、様々な音が耳に届きます。そのすべてが空気の振動であり、その振動の大きさを周波数といいます。

周波数が小さければ低い音を、大きければ高い音を私たちの耳は受け取ることができるのです。しかし、すべての音を聞き取れるわけではありません。

ヒトは生まれたばかりの状態では20Hzから20kHzが可聴域(音が聞こえる範囲)ですが、成長とともに可聴域は変化していきます。

20代後半には15kHz以上の音が聞こえづらくなりはじめ、加齢により可聴域が狭まり続けた結果、最終的には老人性難聴と呼ばれる症状になる人もいます。

加齢による聴力の衰えは1kHzからが顕著に出るというデータがあります。日常会話での周波数は平均的に3kHz程度と言われているため、会話が聞き取りづらいという意見も納得できるのではないでしょうか。参考サイト:モスキート音の効果

モスキート音は不思議な音

「モスキート音」という言葉をご存知でしょうか。その名の通り蚊の羽音のような音であり、実態は17kHz程度の高周波音のことをいいます。

参考サイト:モスキート音は壁越しに聞こえるか

20Hzから20kHzという人間の可聴域の中には含まれる音ですが、あまりに高い周波数であるために、聞こえる人と聞こえない人がいるという不思議な音でもあります。

本来であれば不快でしかないモスキート音は、大人になると聞こえない人が増えてくるという点から、便利な用途も存在します。

例えば人間には聞こえづらいが猫には聞こえる音として、商店街で猫除けとして高周波音を流していることがあります。

また15kHzから18kHz程度の高周波音を流すことで、夜間のコンビニの店先に若者が集まらないようにするという事例もあるようです。不快だったはずのモスキート音でも、使い方によってはとても便利な道具に変化するのです。

-モスキート音

Copyright© 毎日テレビばかり見ているよ , 2019 All Rights Reserved.