モスキート音が聞こえない原因

更新日:

モスキート音が聞こえない原因は年齢だけ?

大体17kHz前後の音を指すことが多く、これは一般的な18歳から24歳くらいの人に聞こえる周波数、鼓膜の有毛細胞は高い音をとらえる部分から先に年齢とともに擦り減っていくため、モスキート音などの高い音が聞こえない原因となります。

モスキート音

生活にあふれかえる音

私たちは生活していくなかでさまざまな音を聞き分けています。人の話し声、電車が通過する音、テレビやラジオから漏れてくる音など、その種類はさまざまです。

有名な「音」のひとつにモスキート音があります。モスキート音は若者にしか聞こえない音と例えられることもある比較的高い音のことです。

大体17kHz前後の音を指すことが多く、これは一般的な18歳から24歳くらいの人に聞こえる周波数と言われています。

モスキート音が聞こえない原因として考えるのは年齢でしょう。耳の奥には振動を音として認識するための有毛細胞というものがあります。

この有毛細胞は高い音をとらえる部分から先に年齢とともに擦り減っていくため、モスキート音などの高い音が聞こえない原因となります。

もちろん、若いのに聞こえない、30歳を過ぎてても聞こえるなど個人差はあります。参考サイト:ヒトと周波数とモスキート音

モスキート音が聞こえる必要は特に存在しない

モスキート音が聞こえない原因は年齢とともに擦り減る有毛細胞の劣化ですが、これを回復させる手段は今のところほとんどないといって良いでしょう。

しかし、モスキート音が聞こえないと生活に支障をきたすかというとそういうわけではありません。

実際にモスキート音を聞いたことがある人ならわかりますが、モスキート音は甲高くて不快な音に近いものがあります。

その不快な音を利用して、コンビニの前などにいつまでも居座る若者を撃退するという方法が取られるケースさえあるほどです。

私たちが普通に生活していて、モスキート音が聞こえないから何か不都合があるということは基本的に存在しない
と考えて良いでしょう。

参考サイト:モスキート音の効果

しかし、極度の聴力低下は生活に問題が発生します。イヤホンやヘッドホンを使って大音量で音楽を聞くなど、あまり耳に負担をかけない生活を心がけることが大切です。

-モスキート音

Copyright© 毎日テレビばかり見ているよ , 2019 All Rights Reserved.